So-net無料ブログ作成

プール熱 症状 子供 大人 症状 [医療]

スポンサーリンク




プール熱 症状 子供 大人 症状
咽頭結膜熱ことプール熱が再流行の兆しをみせていると話題になっています。

プール熱は6月にピークを迎え一度は落ち着いていたのですが、
11月以降になり特に九州で猛威を振るっている事が分かっています。

九州では過去10年間の中で今年は最多となっているようなので、
これからますます感染は拡大するのではないかと予想されています。



咽頭結膜熱はアデノウイルスによる急性のウイルス感染症で、
プールで感染する事が多いためプール熱と呼ばれたりします。

症状としては喉の痛み、発熱、結膜炎などがあり特に夏場に流行する兆しがあります。

感性経路は接触感染や飛沫感染で、感染している人が触ったものに触れると
感染したりするので、学校などでは集団で感染してしまう恐れがあります。



昔は夏場に多かったのですが、最近では冬場にも多くなっているので油断は禁物です。

最近ではプールは夏場だけのものではなく、冬でも温水プールがありますので
そこから感染が冬場にも見られるようになってきました。



予防法としては、感染している人に近づかない事や手洗いうがいをしっかりするという事です。

治療法というのは特になく、安静にして水分補給はしっかりするという事位ですが、
お年寄りや小さな子供さんは症状が重くなり重症となる場合があるので気をつけなければいけません。

まれに眼への症状が強く出てしまう人もいますが、そんな時は眼科で適切な治療を受けましょう。



プール熱にかかり症状が改善されても暫くは尿や便からウイルスが出ているので、
他の人にうつさないように気をつけなければいけません。

だいたい1ヶ月位はウイルスが出ているので、症状が良くなり治ったと思っても注意が必要です。


プール熱の熱は39度以上もの熱が出る事もあり、体力を凄く奪います。

治ると一気に熱が下がるのですが、同時に肺炎を起こす人もいるので無理は禁物です。

何にせよ、プール熱にかかってしまったら無理はせずに十分休養し、
体力を落とさないようにしまければいけません。

食欲不振になり高熱が出ている為衰弱してしまう人も多いようですが、
なるべく体力を温存できるように安静にして症状が改善されるのを待ちましょう。

無理に仕事に行ったり学校にいったりしてしまうと、
感染を広げてしまう事になってしまいますので自宅で安静にしておくのが一番です。
現在は九州での感染が目立っていますが、いつ自分の周りで感染が起こるかわかりませんので常にうがい手洗いは忘れないようにして予防しましょう。


スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
初心者の為の「くりっく365」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。